結婚して10年間、アスペルガー症候群だとは、わからずに、「なんでこんなことが起こるんだろう」「なんで事実がこうまで変わるんだろう」「勝手に話を作って勝手に一人で話し続けるのはなんでなんだろう」「なんであんなに激昂するんだろう」「私、いつか殺されるんじゃないだろうか?」「こんな思いをしてる人は他にいるんだろうか」「誰にもわかってもらえないんじゃないか、それどころか、私が嘘をついているように思われるんじゃないだろうか」「けれど、あの豹変ぶりは恐ろしくて、家族がこんなだなんて、恥ずかしくて誰にも言えない・・・。」と、周りの人に相談もできず、一人でずっと抱えてきて、命をかけてずっとずっと耐えて頑張ってきました。それも海外で。私 の精神がどこまで耐えられるのか、すでに限界は突破してるけど、エンドレスに、一日に何回も続くこの繰り返しの中で・・・。結婚してちょうど7年半目に、その症状が”統合失調症”のものではないかと感じ、このブログを開設しました。その時、ネットを通してそこで初めて、他の同様の悩みを持つ家族や友人の方達の気持ちを知ることができました。完全に一人孤立しながらの我慢につぐ我慢、精神的、肉体的に受けた傷・・・・・、それを共有できる初めての瞬間。出口のない闘いによって、心身ともに疲れきっている状態を初めてシェアできた貴重な瞬間。現実は全然変わらないけれど、「私だけじゃなかったんだ・・・」と思うだけで希望の光が見えた気がしました。ありがとうございます。ですから 私も、同じような思いをしている方、一人で闘っている方の辛い思い、疲れ切った心身が、少しでも楽になってもらえたら・・・と思って、解決法ではなくて申し訳ないのですが、自分の体験を書いてみることにしました。

けれども違っていました。何か違うと感じ、ずっと探し続けて、とうとう結婚10周年を超えて、アスペルガー症候群という、脳の発達障害についての記事に出会いました。これだと思います。それも、ADHDとの合併ではないかと思います。相手の気持ちを感じることが出来ないため、爆発した時には、容赦ない暴力をふるう、など、まだ、私が体験しているような、恐怖を感じる特徴については、書かれた本などは少ないようです。

知能は普通なのに、人と同じようにできない。この世界で生き ていく上で、本人の方が一番大変なのは理解しておりますが、ここではあくまで家族側の立場として、感情面、行動面を素直に表していきたいと思っています。「本人が一番しんどいんんだから、家族は支えて当たり前。」支えが足りないから悪化するんじゃないの?だから改善しないんじゃないの?」「家族も大変だと思うけど、患者さん本人が一番辛いんだから。」と言われてしまえば、支えることすらできなくなってしまいます・・・・。正直、すでに・・・、もうぼろぼろなんです。こういうことが、普通に結婚したと思った、後で、日常で、現実に起こっているということを感じて頂ければ幸いです。ですので、このブログを読まれて、「それは違う!」「この病気のことをちゃんと理解できてない!」と 思われた方、それは私の意図するところではないのですが、不快な思いにさせてしまったことを、深くお詫び致します。

2017年03月24日

何も聞こえない。何も見えない。

耳があって、聞こえているのに、
目があって、見えるはずなのに、

彼には何も聞こえません。
そして、何も見えません。

「勘違いしただけだ!」
「見えなかったんだからしょうがないだろ!」
「わからない!」
「知らない!」

としか、言いません。

理解できないことも、そもそも聞いていないことも、
見てもくれないことも、わかった上で、

彼にもわかるように、言葉を選んで、選んで、選んで、
何十回と繰り返して説明し、確認し、
そしてやっとわかってくれたと思って安心した
5分後に、もうそれは始まります。

あの時間と、労力と、そして何より、伝えたかった理由が
あるわけで、その伝えたいと思った私の心、理解してもらいたいと
思った私の気持ちは、一体何だったのか。

ただ、無駄に時間を使っただけ・・・・。
疲れただけ・・・。

あと、どれだけ傷ついたらいいのだろうか。




posted by 美里 at 01:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何も聞こえない。何も見えない。

耳があって、聞こえているのに、
目があって、見えるはずなのに、

彼には何も聞こえません。
そして、何も見えません。

「勘違いしただけだ!」
「見えなかったんだからしょうがないだろ!」
「わからない!」
「知らない!」

としか、言いません。

理解できないことも、そもそも聞いていないことも、
見てもくれないことも、わかった上で、

彼にもわかるように、言葉を選んで、選んで、選んで、
何十回と繰り返して説明し、確認し、
そしてやっとわかってくれたと思って安心した
5分後に、もうそれは始まります。

あの時間と、労力と、そして何より、伝えたかった理由が
あるわけで、その伝えたいと思った私の心、理解してもらいたいと
思った私の気持ちは、一体何だったのか。

ただ、無駄に時間を使っただけ・・・・。
疲れただけ・・・。

あと、どれだけ傷ついたらいいのだろうか。



posted by 美里 at 01:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

自閉症スペクトラム

世間で、アスペルガー症候群という名前が知られるようになって、
ちょっと人と違うというだけで、あまりにも簡単に、軽く、
「あの人はアスペだから」というように、言われることも多く
なってきました。

2013年からは、「自閉症スペクトラム症」という名前に
統合されましたが、私のような、家族や近い関係の人に
この症状を持つ人がいる人にとっては、どのような名称に
なったとしても、現状は変わりません。

ただ、これらの名前が世間に浸透していくことによって、
私が経験している絶望的な現状が、私だけのものではなく、
”同じ”思いをしている人が他にもいて、そしてその症状には
同じ傾向がある、ということを知れて、少し、希望が見えた気が
しました。心がほんの少しですが、救われた気がしました。
どこにも持っていくことのできない、破壊的、絶望的な
この気持ちを、わかってくれる人がいる、という安堵感。

こんな辛い絶望の毎日、それと同じ思いをしている人が、
まさか自分以外にいるとは思っていませんでした。
そして、そんな日々を送っている人が、こんなにも沢山、
それも世界中にいて、同じように悩んでいるなんて。。。
違う意味では、ショックを受けました。

私が結婚した当時、まさかこの状態が「発達障害」と
呼ばれるものだとは考えもせず、性格の問題、もしくは
結婚して本性が出てきた、というような、個人の心の問題だと
思っておりました。

それに加え、遠隔に住んでいた為に、結婚が決まってから
会いに行って知ることになった、旦那の母親の奇行。
それにも悩まされていました。

さらに、旦那の兄。さらにその兄の子供。

「全員」が、発達障害、アスペルガー症候群、
自閉症スペクトラムです。

遺伝するのだということも、全く知りませんでした。

でも、この旦那との間に子供は作ることはできない、
もし子供がいたら、私は死んでしまう・・・。と思い、
20代後半で結婚したにも関わらず、欲しかった子供を諦めたこと、
今では正しい判断だったと思っています。

もう年齢的にも不可能ですので、いつか良くなったら・・・、
と、どこかで思っていた、そういう希望もなくなりました。
悲しいことですが。。。





タグ:自閉症スペクトラム アスペルガー症候群 人と違う あまりにも簡単 軽く アスペ 2013年 自閉症スペクトラム症 名前 統合 家族や 近い関係 症状 人にとっては どのような 名称 現状 変わりません 名前が 世間に 浸透していく 経験している 絶望的な 現状が 私だけのもの ではなく 同じ思い している 他にも 症状には 同じ 傾向がある 少し 希望が 見えた 心が ほんの少し 救われた 気が どこにも 持っていくことのできない 破壊的 絶望的 この気持ち わかってくれる人がいる 安堵感 辛い 絶望の 毎日 同じ思いをしている人 自分以外に いるとは 日々 送っている 沢山 世界中に 同じように 悩んでいる 違う意味 ショックを 受け 結婚した 当時 まさか この状態が 発達障害 呼ばれるもの 考えもせず 性格の問題 結婚して 本性が 出てきた 個人の 心の問題 思って 遠隔に 住んでいた 結婚が決まって 会いに行って 知ることになった 旦那 母親 奇行 悩まされて 旦那の 兄の 子供 全員 アスペルガー 遺伝する 旦那との間に 子供は 作ることはできない 子供がいたら 死んでしまう 20代 後半 結婚したにも関わらず 欲しかった 子供を 諦めた 今では 正しい 判断 年齢的にも 不可能 いつか 良くなったら どこかで思っていた 希望も なくなりました 悲しいこと
posted by 美里 at 18:36| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会からの目? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする