結婚して10年間、アスペルガー症候群だとは、わからずに、「なんでこんなことが起こるんだろう」「なんで事実がこうまで変わるんだろう」「勝手に話を作って勝手に一人で話し続けるのはなんでなんだろう」「なんであんなに激昂するんだろう」「私、いつか殺されるんじゃないだろうか?」「こんな思いをしてる人は他にいるんだろうか」「誰にもわかってもらえないんじゃないか、それどころか、私が嘘をついているように思われるんじゃないだろうか」「けれど、あの豹変ぶりは恐ろしくて、家族がこんなだなんて、恥ずかしくて誰にも言えない・・・。」と、周りの人に相談もできず、一人でずっと抱えてきて、命をかけてずっとずっと耐えて頑張ってきました。それも海外で。私 の精神がどこまで耐えられるのか、すでに限界は突破してるけど、エンドレスに、一日に何回も続くこの繰り返しの中で・・・。結婚してちょうど7年半目に、その症状が”統合失調症”のものではないかと感じ、このブログを開設しました。その時、ネットを通してそこで初めて、他の同様の悩みを持つ家族や友人の方達の気持ちを知ることができました。完全に一人孤立しながらの我慢につぐ我慢、精神的、肉体的に受けた傷・・・・・、それを共有できる初めての瞬間。出口のない闘いによって、心身ともに疲れきっている状態を初めてシェアできた貴重な瞬間。現実は全然変わらないけれど、「私だけじゃなかったんだ・・・」と思うだけで希望の光が見えた気がしました。ありがとうございます。ですから 私も、同じような思いをしている方、一人で闘っている方の辛い思い、疲れ切った心身が、少しでも楽になってもらえたら・・・と思って、解決法ではなくて申し訳ないのですが、自分の体験を書いてみることにしました。

けれども違っていました。何か違うと感じ、ずっと探し続けて、とうとう結婚10周年を超えて、アスペルガー症候群という、脳の発達障害についての記事に出会いました。これだと思います。それも、ADHDとの合併ではないかと思います。相手の気持ちを感じることが出来ないため、爆発した時には、容赦ない暴力をふるう、など、まだ、私が体験しているような、恐怖を感じる特徴については、書かれた本などは少ないようです。

知能は普通なのに、人と同じようにできない。この世界で生き ていく上で、本人の方が一番大変なのは理解しておりますが、ここではあくまで家族側の立場として、感情面、行動面を素直に表していきたいと思っています。「本人が一番しんどいんんだから、家族は支えて当たり前。」支えが足りないから悪化するんじゃないの?だから改善しないんじゃないの?」「家族も大変だと思うけど、患者さん本人が一番辛いんだから。」と言われてしまえば、支えることすらできなくなってしまいます・・・・。正直、すでに・・・、もうぼろぼろなんです。こういうことが、普通に結婚したと思った、後で、日常で、現実に起こっているということを感じて頂ければ幸いです。ですので、このブログを読まれて、「それは違う!」「この病気のことをちゃんと理解できてない!」と 思われた方、それは私の意図するところではないのですが、不快な思いにさせてしまったことを、深くお詫び致します。

2017年07月21日

耳管狭窄症

耳管狭窄症になってしまいました。2回目です。
そして原因は、もちろんストレスから。

バス停で、空港で、、、、
いつでも、どこでも、カチンと来たら激昂して、
自分の正当性をまくし立てる。
本人はそれを「説明」だと言う。

そして、「会話」だと言うそれは、
ただの独り言。ただひたすらに、自分の話を、、

喋り続ける。

私が返事をしても、それこそ説明しても、
その声にかぶせて、うわーーーーっ!!!と
怒鳴ってくる。

周囲の人に警察を呼ばれるんじゃないかと思うぐらいで、
小さい声にして!と言ったら、私が嫌がる事を知り、
より大きな声で怒鳴りつけてくる。
サーーっと人が周りからいなくなる。

そしてその後は、「どうしてお前はいつも人を
罵るんだ!あの人も罵り、あの人のことも罵り…」と、

はぁ!? っという状態。
そもそも、罵る、という意味がわかっていない。
たまたま思いついた単語がそれだっただけなんだろうけど、
そのまま、ありもしない私の家族の事まで出してきて、
「みんな怒ってた!」と。

じゃあ、誰がいつ、どんなことで怒ってたのかを
聞くと、「知らない、覚えてない。」と言う。

当たり前です。怒ってませんから。
それよりも支えてくれて、応援してくれていますから!

そして、これらの、同じ話を、二日間、
壊れたレコーダーのように繰り返して(無視してもしゃべり続けてくる)、
「もう、こんな馬鹿らしい会話で時間を無駄に過ごすのは嫌だ!
聞きたくない、黙って!」

と、叫んだら、耳の中の何かが閉じた。
その瞬間は、やけにリアルで驚いたほど。。。

精神、心って、本当に体に直結してるんだな、と
実感しました。


posted by 美里 at 09:13| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

心無い人、について。

アスペルガー症候群の人は ”人の心がわからない” と
よく言われます。実際、そう感じることも多いです。

でも、ふと思ったんです。

普通の人、と呼ばれている人で、「あの人は本当に冷たい」とか、
「心無い人」と言われる人がいます。

これって、どっちの方が、一緒にいて辛いんだろう・・って。

アスペルガーの人と暮らすのは、正直言って、
余程の理由がない限り、不可能だと思っています。
それを強いられているからこそ、私は、自分の生きる力まで
なくなってしまっています。疲労困憊とか、ボロボロ、とか
いう言葉でなんて表せないです。

でも、だからといって、そういう ”心無い人” と
一緒にいないといけなくなったとして、耐えれるのでしょうか?

今までに出会った、究極の人たちを思い出してみました。

そんな究極の選択はないかもしれません。
でも、もしそんな選択があったとしたら?

発達「障害」なのだから、本人が悪いわけではない、
本人だって治したい、なんとかしたいと、
本人なりの努力をして、
(悲しいかな、その努力は正反対の努力なんですけど)
素直100%で向かってくるアスペの人、

の方が、いいと思う時もあるのかもしれません。

せめて、そこに安らぎを見出そうと思います。





posted by 美里 at 11:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

天才の為の世界?!

ついこのあいだ、何かで、「天才の為にこの世の中がある」
みたいな文章を目にしたような気がします。

なぜか突然、フィードバックしてきました。
何かのキャッチコピーだったのか、広告だったのか?

その言葉通りに受け取ってみました。

仮に、アスペルガーは天才の可能性を秘めてる人たち、
普通人だと自負する私は、この世界の大多数を占める、
共通の意識(考え)を持つ人たち、とします。

確かに、アスペルガーと言われる人たちが、
世界の歴史を大きく進めてきたのかもしれません。

レオナルド・ダ・ヴィンチなんて、
歴史を100年進めたとまで言われています。

現代で言うなら、
スティーブ・ジョブズだって、すごかった。

でもそうしたら、その周りにいる沢山の人たちは、
振り回され、疲れ果てて、なのにその人たちを理解して
受け入れてあげなさい、と言われて、ボロボロになって
生きていく宿命なの!?

じゃあ、普通人と言われる人の存在意義は!?

と、主観的になってしまい、叫びたくなってしまったので、
それ以上深く考えることは止めました。






posted by 美里 at 18:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会からの目? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする