結婚して10年間、アスペルガー症候群だとは、わからずに、「なんでこんなことが起こるんだろう」「なんで事実がこうまで変わるんだろう」「勝手に話を作って勝手に一人で話し続けるのはなんでなんだろう」「なんであんなに激昂するんだろう」「私、いつか殺されるんじゃないだろうか?」「こんな思いをしてる人は他にいるんだろうか」「誰にもわかってもらえないんじゃないか、それどころか、私が嘘をついているように思われるんじゃないだろうか」「けれど、あの豹変ぶりは恐ろしくて、家族がこんなだなんて、恥ずかしくて誰にも言えない・・・。」と、周りの人に相談もできず、一人でずっと抱えてきて、命をかけてずっとずっと耐えて頑張ってきました。それも海外で。私 の精神がどこまで耐えられるのか、すでに限界は突破してるけど、エンドレスに、一日に何回も続くこの繰り返しの中で・・・。結婚してちょうど7年半目に、その症状が”統合失調症”のものではないかと感じ、このブログを開設しました。その時、ネットを通してそこで初めて、他の同様の悩みを持つ家族や友人の方達の気持ちを知ることができました。完全に一人孤立しながらの我慢につぐ我慢、精神的、肉体的に受けた傷・・・・・、それを共有できる初めての瞬間。出口のない闘いによって、心身ともに疲れきっている状態を初めてシェアできた貴重な瞬間。現実は全然変わらないけれど、「私だけじゃなかったんだ・・・」と思うだけで希望の光が見えた気がしました。ありがとうございます。ですから 私も、同じような思いをしている方、一人で闘っている方の辛い思い、疲れ切った心身が、少しでも楽になってもらえたら・・・と思って、解決法ではなくて申し訳ないのですが、自分の体験を書いてみることにしました。

けれども違っていました。何か違うと感じ、ずっと探し続けて、とうとう結婚10周年を超えて、アスペルガー症候群という、脳の発達障害についての記事に出会いました。これだと思います。それも、ADHDとの合併ではないかと思います。相手の気持ちを感じることが出来ないため、爆発した時には、容赦ない暴力をふるう、など、まだ、私が体験しているような、恐怖を感じる特徴については、書かれた本などは少ないようです。

知能は普通なのに、人と同じようにできない。この世界で生き ていく上で、本人の方が一番大変なのは理解しておりますが、ここではあくまで家族側の立場として、感情面、行動面を素直に表していきたいと思っています。「本人が一番しんどいんんだから、家族は支えて当たり前。」支えが足りないから悪化するんじゃないの?だから改善しないんじゃないの?」「家族も大変だと思うけど、患者さん本人が一番辛いんだから。」と言われてしまえば、支えることすらできなくなってしまいます・・・・。正直、すでに・・・、もうぼろぼろなんです。こういうことが、普通に結婚したと思った、後で、日常で、現実に起こっているということを感じて頂ければ幸いです。ですので、このブログを読まれて、「それは違う!」「この病気のことをちゃんと理解できてない!」と 思われた方、それは私の意図するところではないのですが、不快な思いにさせてしまったことを、深くお詫び致します。

2015年08月28日

血管が切れる。

血管が、本当に切れてしまうかもしれません。
頭の中で、プチプチと、血管が鳴っているのが聞こえます。
手も震えています。

喧嘩にすらならない相手。
なんで、こんな人と結婚してしまったのだろう・・・。

一生、一人で生きていく、「一緒にいてもひとり」という本が
ありますが、本当にそのまま、それ以上の言葉はないです。
世界で何人の人が、こんな思いをしているのか・・・。
posted by 美里 at 03:00| 兵庫 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

心がない。

はっきり言います。というか、こう思うしか例えようがない・・・。

アスペルガー症候群の人には、人間にとって一番大切な
「心」がありません。

だからこそ、色々なことが起こります。
それによって、ありとあらゆる悲しみと、ショックと、怒りが、
家族に与えられます。

「発狂する」

この言葉を、本当にその意味で使っている人が
現実にいるのです。それも、その相手と意思の疎通をしたいと
思い、どうしたら、この気持ちをわかってもらえるのかと、
泣きながら説明し、訴え、泣き叫び、努力に次ぐ努力、
裏切られ続けても信じて立ち上がり、傷つけられても我慢して、
我慢どころか、耐えられない程の、魂まで傷ついたのではないかと
思う程の悲しみと無力感の中、絶望の中でも立ち上がり、
持てる全て、捧げられる自分の全て、良心、利他愛の全てを
注ぎ込んでも裏切られる、全く心の通わない相手に対し、
発狂するのは家族。そして心が潰れて廃人のようになっていく家族。
でも切れない縁・・・・。それが、アスペルガー症候群の人を
支える家族、なのではないかと思います。

そしてどんなに耐えても、どれだけ人生を捧げて努力をしても、
それは、「絶対に」わかってもらえることはないのです。

これが精神病だと思われても仕方ないこと。
私も最初は、精神病を疑い、統合失調症だと信じていました。
だけど病名は違っても、私の悩み、悲しみから見れば、
それはあまり違わない、同じなのではないのかと感じます。

ただ、わかってほしい。心を通わせたい。理解し合いたい。

そして、何より、普通の会話がしたい。
普通の生活がしたい・・・。

愛情をもらいたい、、なんて、夢のまた夢。
もう夢を見ることもありません。




posted by 美里 at 18:11| 兵庫 ☁| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

手が震える。

今、手が震えています。うまく打てない。
ものすごい時間、ものすごい我慢をしてきて、
今、我慢の限界を超えてぶち切れた私。

でも、そんなの関係ない。
相手は何を言われているのかも、何が起こってるのかも、
そして何でそうなったのかも、自分が何をしてきたのかも、
一生わかることがない相手。

少なくとも、この状況で、全く関係のない話と、
今自分は忙しいんだ、邪魔するな!と怒鳴り返してくるのは
止めてほしい。が、それもできるわけがない。

奴が望んでいて、強行突破をしてきたことに対して、
我慢に次ぐ、我慢、そして我慢、そして我慢だった私、
「絶対するもんですかっ!!」と、全身全霊をかけて叫んだ私。

「ばけらった♪」

と返す、奴・・・。

今日は、本気で、頭の血管が切れるかと思いました。
たぶん、切れてもおかしくないぐらいの怒りでした。
尋常じゃない状態だと、今も自分でわかる状態。
明日の朝、私、生きてないかも。

まだ手の震えが止まらない・・・。

全身全霊をかけての言葉、でさえ、心に届かない。
涙も出てきます。






posted by 美里 at 19:21| 兵庫 ☁| 自覚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。